YOKOZUKA DENTAL CLINIC   栃木県佐野市葛生の歯医者さん|横塚歯科医院|お気軽にお問い合わせください。
トップページ ▶マイクロスコープ

マイクロスコープ

歯に痛みがある方

歯ぐきが腫れてしまった

むし歯のお悩み
気になる口臭
歯を失ってしまった方
歯を綺麗にしたい方
診療カレンダー
日曜/祝祭日はお休みです。
木曜土曜の午後は休診です。
Calendar Loading
Calendar Loading
 
「出来る限り自分の歯で食事をしたい…。」
誰もが思う、当たり前の気持ちだと思います。

歯の根の中に膿がたまってしまって抜かなければならなくなった。
被せた歯に隙間が空いてきてダメになっていると言われた。

そんな歯を一本でも多く救いたい。
より正確な治療で、少しでも長くご自身の歯を使ってもらいたい。
そのために当院では今年の10月より歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を導入しました。
根幹治療
根管治療とは、歯の神経が入っている根の管の治療のことです。
肉眼では細い根管の中を見ることが出来ない為、根管内に汚れが残ったまま根管治療を終えてし まう事があります。これが数年後に腫れたり痛くなる原因となります。
もし痛くなってしまったら、再び根管治療をやり直す必要があります。再治療の度に歯を 削りますので、歯の寿命が著しく短くなります。
マイクロスコープを使用した根管治療では、特殊な器具で細い根管の汚れをかき出してきれいにします。従来の 治療法に比べて一回の治療時間は長くなりますが、より確実な結果を得ることが出来ます。
虫歯治療
マイクロスコープを使うと肉眼の24倍まで拡大できますので、小さな虫歯の発見が可能となります。
また拡大して削ることで、虫歯の部分だけを取り除くことも可能となりますので歯を削りすぎることが無くなります。
歯周治療
主に歯と歯茎の間の歯周ポケットと呼ばれる部分を観察するのに使用します。
歯周ポケットは大変細い隙間なので肉眼で観察することはとても困難です。 しかし、歯周病の主な原因となる歯石や細菌はこの隙間に多く潜んでいます。
特に歯周病が進行してしまった場合、歯と歯ぐきの間の深い部分に歯石や歯周病菌の感染がありますが、その感染を完全に取りきることができないと治療は成功しません。
肉眼では見えにくい深い部分の感染も、マイクロスコープを用いることでしっかりと取りきることができ、治療の成功につながります。

歯科用顕微鏡はあくまで歯を大きく拡大して観察し、より正確な治療を施すための設備です。
顕微鏡を使用したからと言って、すべての歯を残すことが出来るわけではありません。
どうしても、抜かざるを得ない歯も当然、あります。

ですが、使ったことによって残せる歯は確実に増えるのです。

最近インプラント治療の普及により、抜歯をすすめられるケースが増えているように思えます。
それも治療の一つの方法ではありますが、やはり、ご自身の歯で食事を食べられるのが一番ですよね?
そんな患者さんの思いを、当院はサポートしていきたいと思います。